iPhone8の最新情報”まとめ”

毎年9月頃に最新のiPhoneが発売されます。iPhone7も2016年9月16日発売されだいぶ持っている方も増えてきました。八千代市にある当店でも割れてしまった、水没させて・・・など依頼が増えてきました。

ここで気になるのが、今年の9月に出るiPhoneはどのようになるのか?こちらでまとめました。

ガラス製ボディの全面ディスプレイ採用!?

ガラス製ボディで全面ディスプレイ採用
iPhone8の製造を請け負っているFoxconnの工場から流出したとされるiPhone8の画像が中国の情報サイトで公開されました。情報元のWEBはこちらになります

全面ディスプレイを採用し、カメラは縦に並び部とあります。
iPhone8は画面のホームボタンも、上下のガラスの取り付け部分が液晶と変わり全面ディスプレイとなることで、現在のサイズのままで、4.7インチが5.0インチに大画面化すると思われる。

iPhone8Plusモデルだけが、有機ELディスプレイを採用すると予想されています。
iPhone8Plusはシャープ製の曲面有機ELディスプレイを搭載すると予想されています。
有機ELディスプレイとは薄くて折り曲げできるディスプレイで、消費電力も少なく抑えることが出来る特徴を持っています。

カメラの性能はどうなるのか?

LG Innotekが、3D撮影を可能のするスマートフォン向けのカメラモジュールを開発するために、Aplleと提携しているようです。iPhone8用の開発なのかは未確定ですが、写真を見る限り、3D撮影に対応したものになると思われます。

ワイヤレス充電対応?

ワイヤレス充電対応になるという情報もあります。しかしながら、他のスマホであまり支持をされていない技術になるため、取り付くかどうかはまだわからない部分になります。

iPhone8ではないかも?

2017年秋に登場するiPhoneはiPhone7のマイナーアップデートとなる「iPhone7S」「iPhone7S Plus」それと一新させた「iPhone8」の3モデルと考えられていますが、iPhoneが発売されて10周年モデルということで、iPhone8の名称が変わるのではないかという予想が広まっています。

正式な名称は不明
iPhoneの発売から10周年ということで、iPhoneXなどの噂も・・・

iPhone8の製造は開始されている?

Foxconnが「iPhone8」の量産を開始したと中国メディアが報じています。9月の発売に向けて早めに本格生産したというものです。5月には工場従業員の雇用とトレーニングが開始されたと伝えられています。

すでに製造の遅れが出ている?

有機ELディスプレイにホームボタンをスクリーン内に埋め込む仕様が技術的に難しく、これによって生産の遅れが出ているという情報もあります。

あくまで、噂話になりますので、ご参考までに!

iPhoneでお困りなら、千葉八千代のEyeSmartへお任せ下さい!

千葉県内にも沢山のiPhone修理店がございます。どこの店舗が技術が高いのか、上質なパーツを使っているのかはウェブではわかりません。iPhone修理店を選ぶ際の注意点をご確認の上修理されることをお勧めいたします。iPhoneの修理の場合、パーツの組み替えの場合が多いため、高い技術は信頼できる安心できるスタッフに預けることだと考えられます。
詳しく読みたい場合は”千葉のiPhone修理店はどこを選べばいいの?”をご参照出さいませ!

トップページはこちらから

故障かなと思ったら!その場で診断!安心提案!

iPhoneのことなら!動きがおかしい?バッテリーの減りが早い!急につかなくなってしまった!落としてしまった!どんな些細なことでもアイフォンの困ったを解消いたします。

電話や直接のお問い合わせで、お困りを解決!iPhone、iPad、iPodの最新機種の場合、Appleの正規の修理のほうがいい場合や数年使用されているiPhoneの場合、機種変更してしまったほうがお安くなる場合もございます。iPhone修理に出す前に事前にご相談ください。お客様の保証状況により最善の選択ができるようにいたします。千葉県船橋市、習志野市、鎌ヶ谷市、八千代市、佐倉市、四街道市、印西市、白井市、花見川区、美浜区、市川市、浦安市、習志野市、富里、津田沼、勝田台、ユーカリが丘、志津、村上、八千代中央、八千代緑が丘、船橋日大前、北習志野、飯山満、東海神、高根木戸、薬園台、前原、我孫子、柏、松戸と沢山の地域からご利用ありがとうございます。