千葉八千代佐倉船橋でiPhone7修理ならEyeSmart

千葉県八千代市、佐倉市、船橋市でiPhone7の修理をお考えならEyeSmartへお任せ下さいませ!

iPhone7

2016年9月に発売となったiPhone7!!! 発売され日数がたってまいりましたので、当店での修理もお安くなってまいりました。
ローズゴールド/シルバー/ゴールド/ブラック/ジェットブラック/REDと新色も加わり、iPhone6から機種変更をされる方が多いようです。
今までのiPhone6s同様3DタッチとApple Payが導入され、日本向けに寄せられたモデルと言えるでしょう。iPhone6sよりも重量が軽くなり、新色の黒が売り切れなど話題になった端末です。

iPhone7も水没します。

耐水・防塵のiPhone7でも水没はいたします。iPhone7はフレームとガラス面が両面テープで止められております。長時間の水にさらされることで、タイミングによって水没反応が出てしまい、従来通り起動しない場合もございます。
Simトレーやスピーカーなど耐水のためのゴムパッキンなど内部を見ると対策がされていますが、1年など使用すると、ゴムやテープの劣化が進み、今まで同様に水没する恐れがあります。

千葉八千代佐倉船橋でiPhone7を使用していて困ったら!

当店ならiPhone7の修理も可能!発売当初から修理を受け付けているから、修理実績多数!安心の保証で選ぶなら!

iPhone7はiPhone6Sまでのモデルとは分解や修理工程が大きく異なり、スライドして正面から見て右に展開するようになります。耐水性を増す為に両面テープで全体が覆われていますので、経験が少ない、もしくはDIYで修理をしようと考えらているお客様は十分な注意が必要となります。

当店なら旧型の端末から最新端末までデモ端末がございます。パーツ一点一点の良し悪しを判断するために、端末研究をするために設備が整っていますので、高度な修理が出来ます。

iPhone7が割れってしまった!バッテリー交換!水没修理の価格はこちらからご確認ください。

故障かなと思ったら!その場で診断!安心提案!

iPhoneのことなら!動きがおかしい?バッテリーの減りが早い!急につかなくなってしまった!落としてしまった!どんな些細なことでもアイフォンの困ったを解消いたします。

電話や直接のお問い合わせで、お困りを解決!iPhone、iPad、iPodの最新機種の場合、Appleの正規の修理のほうがいい場合や数年使用されているiPhoneの場合、機種変更してしまったほうがお安くなる場合もございます。iPhone修理に出す前に事前にご相談ください。お客様の保証状況により最善の選択ができるようにいたします。千葉県船橋市、習志野市、鎌ヶ谷市、八千代市、佐倉市、四街道市、印西市、白井市、花見川区、美浜区、市川市、浦安市、習志野市、富里、津田沼、勝田台、ユーカリが丘、志津、村上、八千代中央、八千代緑が丘、船橋日大前、北習志野、飯山満、東海神、高根木戸、薬園台、前原、我孫子、柏、松戸と沢山の地域からご利用ありがとうございます。

iPhone7/7 Plusの各スペックを詳しくチェック!

■デザイン

iPhone7/7 Plusでは、従来機種で特徴的だった、背面を横切るアンテナラインの位置を、上下のふち沿いに変更しています。これによりスッキリとした印象になりました。  カラーバリエーションによってアンテナラインの色も異なり、ゴールドやローズゴールドではよく目立つ白い線となっていますが、シルバーは控えめなグレーに、新色のジェットブラックやブラックは黒に近い暗い色のため、アンテナラインがあるのかわからないようなデザインになっています。

■カラー

iPhone7/7 Plusでは、新たなカラーバリエーションとして、光沢のあるジェットブラックと、マット仕上げのブラックが追加されました。従来のシルバー、ゴールド、ローズゴールドとあわせて、5色で展開していました。2017年3月には、全面真っ赤の仕上げとなる(PRODUCT)REDスペシャルエディションが追加されました。このバージョンでは、端末の購入金額の一部を、Appleが「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付します。

■ディスプレイ、端末サイズ

iPhone7/7 Plusのディスプレイと端末サイズは、iPhone6sおよびiPhone6s Plusとまったく同じ解像度、サイズとなっていますが、ディスプレイは広色域で従来のものより25%明るくなっています。また3D Touchにも対応しています。

■システムチップ・バッテリー

iPhone7/7 Plusに搭載されるA10 Fusionチップは、新しい4コア設計を採用し、iPhone6の最大2倍の速さで動作するコア、また5分の1の電力で動くコアなど、パフォーマンスと効率に優れた構成のチップです。
この効率の良さが次の充電までの時間に余裕を生み出し、バッテリー駆動時間の延長に成功しています。iPhone6s/6s Plusと比較すると、iPhone7は最長2時間、iPhone7 Plusは最長1時間、長くなっています。

発売直前の9月13日に報じられたベンチマークテストによると、iPhone7/7 Plusに搭載されているA10 Fusionチップは周波数が2.33Ghzで、iPhone6s/6s PlusやiPhone SE搭載のA9チップの1.85Ghzと比較すると、大幅な数値向上となります。

■メモリ

iPhone7/7 Plusのメモリについては、Appleの技術仕様ページでも正式な発表はありませんが、複数の人物が行ったベンチマークテストにより、iPhone7は2GB、iPhone7 Plusは3GBであるとみられています。

■ストレージ

iPhone7/7 Plusでは、32GB、128GB、256GBの3つのラインナップとなります。新色であるジェットブラックでは、32GBは設けられず、128GBと256GBでの展開となります。

■カメラ

iPhone7/7 Plusで大きく進化を遂げたのがカメラ性能です。iPhone7には、メインカメラとして、従来よりも少し大きくなったiSightカメラが搭載されました。6枚構成のレンズで1,200万画素、f値1.8で、最大5倍のデジタルズームにも対応します。光学式手ぶれ補正のほか、広色域キャプチャなどの新機能も搭載されています。 テレビCMでiPhone7で映画のようなきれいな映像が取れる映像が印象的で、利用の幅が格段と広がっています。

■ホームボタン

iPhone7/7 Plusでは物理的なホームボタンは廃止され、フロントパネルに埋め込まれたタッチ式のホームボタンが採用されました。
耐久性が高く、反応良く圧力を感知するように設計されたボタンで、新しいTaptic Engineと連携します。物理的なタッチ感がなくなったことで、何となく使用しにくくなったように感じるお客様も多いようです。性能は格段とよくなっておりますので、少しずつ慣れていくのがいいのかもしれません。

■防沫・耐水・耐塵

iPhoneシリーズにおいて、常にユーザーの希望する機能として上位にあったのが「防水」機能です。ついにiPhone7/7 Plusにおいて、公式に耐水性能、そして防沫・耐塵性能が搭載されました。完全防水ではないものの、多少の水は怖くないレベルとなっています。
iPhone7/7 Plusにおける防沫・耐水・耐塵性能はIP67という規格です。これは、耐塵においてはもっとも高い等級である「粉塵が内部に侵入しない」という耐塵型、そして耐水面では、0~8等級のうち7等級にあたる、「水中への浸漬に対する保護」という性能で、規定の水圧、時間で水中に浸漬しても、有害な影響を受けないとされています。しかしながら、最善の状態での話となります、落下によって歪んでしまったり、Simトレーのはめ込みが悪いと、水没してしまうことはあります。あまり過信しないことをお勧めいたします。

■Apple Pay

iPhone7/7 Plusでは、日本でもサービスが開始したApple Payに対応しています。Felicaに対応したiPhone7/7 Plusでは、Apple Payが新たにサポートするSuicaも利用できるため、公共交通機関での支払いや、カフェやコンビニなど店舗での購入などに使えます。SuicaカードやSuica定期券の登録、管理は、iOS標準アプリのWalletを使います。このアプリに、クレジットカードやプリペイドカードなどとともに登録しておくと、Walletに登録したクレジットカードなどを使い、iPhone上でSuicaのチャージをすることも可能になりました。

バッテリー比較

Apple公式発表によると、iPhone7/7 Plusのバッテリー駆動時間は、iPhone6sより最大2時間、iPhone6s Plusより最大1時間長くなっています。ワイヤレスになったことで音楽の再生時間は減少していますが、データ通信時間は軒並み改善しています。発売直前の9月12日には、中国の認証機関にiPhone7のバッテリー容量についての登録があり、iPhone7は1,960mAh、iPhone7 Plusは2,900mAhになっています。
価格表リンク
価格表リンク

フォローする